しわの予防ができることを慶應義塾大学薬学部が発見!

このニュースを聞きましたか、肌を温めるだけで、紫外線のダメージによるしわができるのを防げるということです。

慶應義塾大学薬学部の水島徹教授らは、慶應義塾大学、熊本大学、名古屋大学、(株)再春館製薬所の共同研究により、マウスの皮膚をお湯につけることでシワ
が防げることを発見しました。またこの仕組みを解析し、熱によって体内で増える熱ショックタンパク質70(HSP70)が重要な役割を果たしていることを
発見しました。http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2012/kr7a4300000avgfv.html

これは画期的ですよね。

なんていっても、費用をかけず、誰でも簡単にしわを防ぐことができるかもしれませんよね。

そのうち、肌を42度に温める赤外線機器なんで売られるようになるかもしれません。

個人的には、タオルを湿らせて、レンジで20秒チンして、

顔に乗せて温めるだけできると思いますが・・・

マウスの実験ではありますが、おそらく人間にも有効ではないでしょうかね。

さらに、人手の実験結果がでてくることを期待したいところですね。

目の下のたるみもこれで予防できるのではないかと思います。

ページの先頭へ戻る