目の下たるみとはなに?

そもそも「目の下のたるみ」っていうのは何んなのでしょうか?

 

その名の通りではあるのですが、目の下の皮膚がたるんでいる状態のことですが

 

その状態にも種類があります。

 

若い人でも、ぷくっと膨らんでいる人を見かけますが・・・

 

これはたるみというよりも、脂肪がたまっているので、

 

目の下が膨らみ、皮膚がたるんでいるようにみえます。

 

これも結構しわ一本が入るだけで、老けて見えます。

 

だいたい一般的には、50歳代以降に出てくる皮膚のたるみ、何重ものしわ

 

これが、よく言われる目の下たるみです。

 

肌の、加盟による老化といってしまえば、避けられない事ですが・・・

 

中には体質的に脂肪がたまって、20歳代から、その脂肪が減ったためにしわができ

 

たるみになってしまい、老け顔になる場合もあります。
そして、目の下のたるみは、男女関係なく出来てしまいます。

 

そして、年齢だけでなく、個人差が大きいのが、この目の下のたるみですから

 

如何に予防するか、また改善するかという意識でだいぶその状況が異なってきますから

 

努力、情報収集は重要なのです。

目の下たるみ予防−紫外線対策

なんども書いていますが、目の周りの皮膚は、一番薄いといっていいくらい薄いのです。

薄ければ、その皮下組織も外からの防御力が弱いのです。

ですから、紫外線が肌に与えるダメージをとても受けやすく、

そして紫外線は、老化の最大の敵だと言われています。

紫外線がなければ、人の老化ももっと少ないのではないかと思われるほど、
その影響は大きいのです。

ですから目の下たるみがなるべくできないようにしたかったら、

この紫外線から目の下の皮膚を守ることが一番の予防対策になるのです。

そのために何をしたらいいのか・・・

日焼け止めという当然の方法はありますが、それだけでは万全ではありません。

一番効果が高いのは、サングラスです。

ちょっと不恰好なんて気にせず、目の下まで覆うぐらいのおおきめのサングラスをかけることで、

目の下たるみの予防ができます。

できてしまってから目の下たるみの解消をするのは容易ではありませんから

夏だけでなく、できるだけ外出時はサングラスをかけるようにすべきです。

治療方法

目の下の皮膚のなかに、脂肪がたまっていることが大きな原因の場合は

その脂肪を取り除くことが目の下たるみを完全すくすく目重要な方法と言えます。

美容整形では、外科的な治療方法として、この脂肪を取り出すという事が行われています。

顔の表面を切開のは、傷跡がどうしても残ります。

目立たないように、切る場所を工夫することはできますが、切開した傷を完全に消すことはできません。

目立たないように目の下たるみの手術をする方法として、ハムラ法という方法があるそうです。

そのため技術力のあるクリニックでは、下まぶたをめくって、

そのうちがわから皮膚を切開して、脂肪を取り除くという手法を使うようです。

こうすれば、全く顔の表面に傷を残さずに脂肪を取り出すことができるというわけです。

ページの先頭へ戻る