目の下たるみ原因

目の下のたるみ一番の原因はなんでしょうか?

それはやっぱり老化によるものでしょう。

 

ただし、色々な原因があるので、それをひとつづつみていきましょう。

 

筋力低下

ただ、老化と言っても、肌の老化だけでなく、筋肉の老化もあります。
筋力も加齢とともに低下します。
当然、重力がくえん地球上ではかかっていますので、頭皮を含む顔全体の筋肉が上から下へと下がってゆきますので、皮膚も筋力に支えられているので垂れ下がります。
しかし、筋肉は、死ぬまで鍛えることで増加できるといわれているものです。
顔の筋肉だって、鍛えれば、増えます。
何もしないと人の筋肉はやせ細っていくわけです。

とくに顔の筋肉は、表情を作る以外ではほとんど使われないので、どんどん痩せていくわけです。

つまり、目の周りの筋肉やその周囲の筋肉を支える部分を鍛えることで

筋力の低下は防げますし、逆に増量することができ

顔全体のリフトアップができるわけです。

ただ、たくさん目の下にしわができるほど、皮膚が重力や廊下で伸びてしまったから

筋肉を鍛えても、伸びた皮膚はもとにもどりませんから

目の下たるみが自力で解消できなくなります。

つまりできる前から筋力低下をしないように維持していくことが重要なのですね。

目の下たるみ原因−化粧品も?!

目の下のたるみの原因に化粧品がなっているかもしれないという説があります。

目の周りというのは、お化粧の際とても重要なポイントとなりますから、

お化粧に気を使う女性ほど、いろいろなものを塗っています。

しかし、目の周りは化粧を落とすのが、頬などに比べると大変で、化粧残りも多い部分です。

とくに、目の下は皮膚が薄いわけで、化粧の残りが肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

また、本のわずかな量の化粧品でも、毛穴にたまり続ければ、皮膚に重石となります。

また余分な油分を与えてしまう事で、肌本来の自浄作用が働かなくなり、

皮膚が弱くなり、弾力も張りもなくなり、伸びていってしまい、それがたるみにつながってしまうという事になります。

これらを避けるためには、目の周りの化粧は控えめにすること、

とくに油分の多いイソパラフィン系の化粧品は、落ちにくいですし、余計な油分を与えてしまうので、

できるだけ使わないようにした方がいいでしょう

原因の一つとして脂肪体質という事があげられます。
目の周りのはとても薄い皮膚でおおわれています。
そして目の下には、あまり厚い組織もありません。
そこに脂肪がたまってくると、皮膚が伸びてたるみの原因となるわけです。
体全体が脂肪で太っている人だけでなく・・・
体質的なことで、顔に脂肪がつきやすい人もいます。

体の脂肪のつきかたも個人差があるように、
顔につく脂肪、目の周りの脂肪の量もが多い人と

少ない人がいるわけなのです。
環境によるものもあります、例えば、寒冷地でクラス人は、脂肪をたくさん蓄えて、体温を保つ、
また汗腺が少ないなど特徴があるように、環境でそのような体質になってしまったという人もいるでしょう。
ただ、寒冷地でクラス民族の場合、皮膚も厚くなりますから、
たるみはあまり目立たない傾向にありますか、それだけで目の下のたるみが多くみられるというわけではありません。
逆に、目の下の皮膚が薄いほうが、紫外線などのダメージを受けやすく
たるみ、しわができやすく、さらに脂肪体質だと、たるみができやすくなる。
このようなことは、日本人の体質によく見られるところから、
日本人は特に目の下のたるみ、脂肪によるふくらみができやすい
目立ちやすい民族ということになるでしょう。
モンゴロイド系は、比較的目の下たるみが目立ちやすい民族という傾向もあるようです。
ですから、日本で目の下たるみを気にする人がおおく、
ネットでの検索もおおいという事がわかります。
遺伝や体質で目の下たるみが目立ちやすいのは、今更どうしようもないことなので、
誰でもできやすいということを全体として対策をしていく必要があるでしょう。

ページの先頭へ戻る